様々な痛み

様々な痛み

痛みとは体に何らかの異変や異常を知らせるサインです。切り傷や、骨折、火傷、打撲などによって身体が傷つけられると神経を伝って脳まで伝達し、痛いと感じることができます。その痛いという感覚によって、危険を感じ取ったり、回避することができます。

痛みの中にも急性の痛みと慢性の痛みがあります。急性の痛みは怪我などの外傷に加え、突然の病気による痛みで損傷部位の治癒によって痛みは消えますが、放置しておくと痛みが他の痛みを引き起こし、慢性の痛みになる場合もあります。

代表的な例が痛風で、本来は急性関節炎の症状で2週間ほどで痛みはおさまりますが、治療せず痛風の症状を放置すると、慢性痛風期といって長引く状態になってしまいます。痛風の痛みの原因となる痛風結晶が体のあちこちの関節にできてしまうことで、持続的な関節炎となり日常生活を妨げるほどになってしまいます。

また痛風を引き起こす尿酸値が通常の人の何倍にもなることで他の生活習慣病などの発症にもつながります。そのため急性の痛みだからと言って油断すると最悪命にもかかわるのです。痛風の痛みはセレコックスなどの強めの鎮痛剤で抑えることができますが、同時に原因となる尿酸値を下げるザイロリックなどの薬で治療が必要となります。

痛風

このように急性か慢性であるか分かりやすいものであれば治療もしやすいですが中には見極めが難しい症状もあります。代表的な例が慢性的な片頭痛です。脳や体の病気が原因となり発症する急性の頭痛というものがあり命にかかわる場合があります。もし急性の頭痛が起きても普段の片頭痛だと勘違いしてしまい症状を見落としがちです。普段の片頭痛よりも刺さるような痛みや殴られたような突発的な痛みなど、症状が違う場合は脳内出血や髄膜炎などの症状の可能性があるので診察を受けるようにしてください。

片頭痛は前兆が見られることが多いので、予防薬(インデラル)などを使うことで発症を抑えることが可能です。また片頭痛の鎮痛に特化したマクサルトなどの治療薬を使うことで痛みを抑えることができます。片頭痛の予防薬や鎮痛薬は薬価が高いため、市販薬で我慢しがちですが通販であればジェネリックの取扱いがあり、安く購入することができます。もし通販で薬を購入する場合は到着までに時間がかかる場合があるので余裕を持って購入しましょう。

慢性の痛みの場合は長く続くことで血行を悪くさせてさらに痛みを悪化させます。悪化するとロキソニンやセレコックスなどの比較的強い鎮痛剤でも痛みを抑えられなくなることがあります。そうなる前に我慢せずに早めに治療するようにしましょう。

鎮痛剤セレコックスの通販