片頭痛とは

片頭痛

片頭痛とは慢性的な頭痛の一つで、頭の片側のみに発作的におこることが多く、脈打つような痛みを感じたり嘔吐などの症状を伴います。発生頻度は人によって様々で、人生のうちで数回しか起きない人と、週に何回も起きる人がいて、頭痛の激しさも個人差があります。

症状は数時間から3日ほど続くことがあり、軽度なものから激しい頭痛が見られます。脈拍に合わせてずきずきとした痛みがおこり、頭の片側、もしくは両側や後頭部などにも症状が出ることがあり酷くなると頭全体が痛くなり、吐き気を催すことがあります。人によっては頭痛が始まるとともに、音や光、匂いなどに敏感になることがあり、さらに頭痛を強めてしまいます。

また特徴の一つに頭痛が起きる前兆が挙げられます。前兆は必ずしも起きるわけではありませんが、片頭痛が起きる人のうちの3割に起こっています。視覚の異常として目の前にちかちかと光が見えたり、眩しい線が見えたりする症状です。また首や肩のこりやあくびが見られる場合もあります。

片頭痛

このように辛い症状のある片頭痛ですが頭痛の中でも多いタイプで男性よりも女性に多くみられます。片頭痛に悩まされている女性は男性の4倍と多く、原因として女性ホルモンが関係しているとされています。また思春期や20代などの若い人の発症が多く遅くとも30歳までには発症するとされています。

片頭痛は突発的に起こるため日常生活において支障が出ることも少なくありません。しかし、残念ながらこの片頭痛は現在の医学ではなくすことはできません。そのため一生向き合っていかなければいけません。

片頭痛

ですが、片頭痛自体を治せなくても痛みを我慢する必要はありません。片頭痛の痛みを抑える薬はたくさんあります。市販の鎮痛剤でも痛みを抑えることは可能ですが、片頭痛の鎮痛に特化しているマクサルトという薬は痛みが出てからすぐ飲むことで痛みを和らげてくれます。また、インデラルという片頭痛を予防できる薬もあります。予防することができれば大事な時に痛みがでる不安もありません。薬をうまく利用して片頭痛と向き合っていきましょう。

鎮痛剤セレコックスの通販