痛みを感じるメカニズム

痛みを感じるメカニズム

身体を強くぶつけてしまったり、紙で指を切ってしまったなどの外傷的な痛みや腹痛や片頭痛など体の内部で起こる痛みがあります。どちらの場合も細胞が傷ついたことで痛みの原因物質が放出され末梢神経をつたって脳に痛みとして伝達されることで痛みとして認識されます。脳は末梢神経からもらった情報をもとに部位、痛みの強さ、痛みの種類を判別します。熱いものを触ったときにとっさに手を引っ込める反射などはそれによって起こっています。

実際に痛みを感じている部分では細胞の損傷が起こっています。何らかの原因で細胞が損傷すると、カリウムが放出され、それによって体内の機能を調整するプロスタグランジンやロイコトリエンといった物質が生成されます。さらに神経からサブスタンスPという痛みを増強させる物質が放出され炎症や腫れを強めます。血液中からセロトニン、血小板からヒスタミンという、痛み物質が出るため痛みはさらに強くなり拡大します。

痛みを感じるメカニズム

このようにさまざまな物質によって痛みは起こりますが中でもプロスタグランジンは閾値といって限界の数値を下げる働きがあるため、痛みに反応しやすくなり、痛みを強く感じるようになります。また刺激や炎症などによってプロスタグランジンのもととなるアラキドン酸が脂肪酸から遊離するため、さらに生成が増え、痛みの悪循環を引き起こします。

特に頭痛や生理痛はプロスタグランジンの過剰分泌によって起こる場合が多くなっています。血管拡張作用や子宮の収縮作用が強くなることで痛みが増長されるとされています。

そのため、鎮痛剤として一般的に用いられる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はこのプロスタグランジンの生成を防ぐことで痛み止めとして効果を発揮します。しかしプロスタグランジンは体内の様々器官に存在し、多様な働きをします。特に胃の粘膜を保護する作用があるため、薬によって働きが抑えられると胃腸障害を引き起こす可能性があるので注意しなければいけません。

鎮痛剤セレコックスの通販