マクサルト

マクサルト

マクサルトとはアメリカの製薬会社メルク社によって開発された片頭痛の治療薬です。有効成分はリザトリプタンという成分で、トリプタン製剤と呼ばれています。

片頭痛とは慢性的な頭痛の一つで、頭の血管の拡張によって起こるとされていて、脈拍とともにズキズキとする症状が特徴です。ひどくなると吐き気や嘔吐を伴う場合もあり、人によっては目がチカチカするなどの前兆が現れます。症状が数時間から3日ほど続くため日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。

作用

マクサルトはこういった片頭痛に対して即効性のある治療薬で、痛みの原因となる血管の拡張を抑えたり、血管周辺の炎症を取ることで痛みを和らげることができます。作用としては血管内のセロトニン受容体に働きかけ、拡張した血管を収縮させます。また三叉神経に作用し、痛みの原因物質である神経ペプチドの放出を抑制します。そのため頭痛が現れた際に早期に服用することで炎症が広がるのを防ぐことができるため一層効果が高くなります。

服用方法

服用方法

頭痛または前兆が現れた際に、1回10mgを服用します。効き目が足りない場合は追加で服用することができますが、2時間以上間隔をあけ、1日20mgまでの服用とします。あくまでも症状が現れたときの治療薬であるため、予防薬としては効果はありません。※予防薬としてはインデラルという治療薬があります+P99が併用はできません。また痛みに対する対症療法であるため、原因を治療することはできません。

注意点

注意点

服用後に眠気が出る場合があります。服用後の運転や高所での作業などは控えてください。また飲酒や喫煙、運動や入浴によって血管が拡張されることで片頭痛を強める場合があるので控えるようにしてください。服用で起こりうる副作用としては動悸、めまい、倦怠感、吐き気などが挙げられます。また飲み始めにのどや胸に圧迫感・つかえを感じることがあります。念のために心電図検査を受けると安心ですが、まれに不整脈や狭心症を引き起こす場合もあるので特に中高年の方は注意が必要となります。

鎮痛剤セレコックスの通販