ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ、これまで安全性や有効性が実証されている新薬と同様の効果であると認められていて低価格な薬です。新薬とは先発医薬品とも呼ばれていて新たな成分を開発し、販売された薬ですが、新薬を開発するには、研究や実験などに多額の費用がかかる上に、安全性や有効性の実証などが必要となるため販売までに長い年月を要します。

そのため、かかった費用の回収などのために、新薬の販売は特許によって独占的になっています。特許は成分特許と製法特許に分けられていて、期間もそれぞれ違います。そして成分特許が切れると同じ成分の薬が作れるようになるため別の会社からジェネリック医薬品が販売されるのです。

ジェネリック医薬品の場合、すでに安全性や有効性が確立しているため研究や実験が最小限となるため、費用も期間もかからずその分安く販売することができます。しかし、新薬とすべて一緒かと聞かれるとそうではありません。成分が同じとはいえ、製法特許が残っている場合は製法を変える必要があるため、添加物や、色や匂い、形状などが異なります。そのため人によっては効き目や副作用の出方が先発薬と異なる場合もあるのです。

通販で購入

最近では通販で日本で未承認のジェネリック医薬品が多数販売されています。日本でジェネリックがないのに何で?と思う人もいるかもしれません。実は日本と海外の一部の国では特許法に違いがあります。

特にジェネリック大国として知られているインドでは成分特許を認めない傾向にあるため製法を変えることで新薬をジェネリック医薬品として製造できる場合があります。そのため、日本で処方してもらうと先発薬しかなく高価となるED治療薬などのジェネリック医薬品が通販サイトなどで販売されています。様々な分野の薬のジェネリックが製造されていますが、痛み止めのジェネリックの製造もあり、日本で処方してもらうと1錠300円以上するマクサルトのジェネリックや、セレコックス・ボルタレンなど豊富な種類のジェネリックが存在します。

インドでは日常的に使用されている薬なので安全性や有効性も保障されている上に安価であるため、世界中で使用されています。薬代を安く抑えたいという人のために海外のジェネリック医薬品が普及しています。

鎮痛剤セレコックスの通販