痛みに有効な薬(鎮痛剤)

痛みに有効な薬(鎮痛剤)

急に頭が痛くなってきた、おなかが痛い、あるいは怪我をしてしまったなど日常で痛みは起きやすく人はそれに対処しなければなりません。そこで使われるのは鎮痛剤といった痛みを鎮める薬です。一般的に痛み止めと呼ばれ、病院で処方されるほかにも成分が強すぎないものであれば薬局で購入することができます。また最近では通販での販売もされています。痛みの原因や症状は様々で、それに合わせて痛み止めも選ばれるため、様々な成分・効果の痛み止めが販売されています。

非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

非ステロイド抗炎症薬

これらの薬は炎症や発熱の原因となるプロスタグランジンという物質を生成するシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害します。それにより炎症を鎮めて、腫れや痛みを和らげます。熱を下げる効果もあります。ただし炎症や発熱を引き起こす原因を治すことはできません。鎮痛剤や解熱剤による喘息(アスピリン喘息)を起こしたことがある人は服用することが出来ません。またインフルエンザの解熱ではインフルエンザ脳症や、ライ症候群を引き起こす可能性があるので服用禁忌となっています。

アスピリン

昔から使われてきた成分ですが、胃や腸への刺激が強いため注意が必要です。そのため胃を保護する成分などが配合されることが多いです。解熱鎮痛作用以外にも抗血栓作用があるため虚血性心疾患や、脳血管障害の治療や予防に使われます。また乳幼児の川崎病にも適応します。(処方薬のみ)しかし痛風の場合は痛みを強める作用があるため服用できません。

市販薬⇒バファリンA・エキセドリン
処方薬⇒アスピリン

セレコキシブ

特に痛みにかかわるシクロオキシゲナーゼCOX-2を選択して阻害します。(COX2選択的阻害剤)そのため胃や腸などの調整に関わるOX-1への影響が少ないため胃腸障害などの副作用が軽減されます。鎮痛作用が強く、副作用も少ない成分ですが、解熱への適応はありません。比較的新しい成分なので市販薬は販売されていませんが通販での購入が可能です。

処方薬⇒セレコックス、ロキソニン
市販薬⇒ロキソニンS

その他の鎮痛成分

鎮痛成分
アセトアミノフェン

解熱鎮痛剤で、頭痛や発熱、悪寒などの症状を緩和する成分です。風邪薬や痛み止めに利用され、副作用は少なく、安全性に優れていますが他の薬に比べると効果が低いとされているため、ほかの成分と併用することで効果を高めるのが一般的です。炎症などを伴う痛みには効果が低いですが、軽い頭痛や痛みには適しています。

市販薬⇒タイレノールA・ラックル
処方薬⇒カロナール

トリプタン

拡張した血管を収縮させ、痛みの原因となる物質の放出を抑え、血管周囲の炎症を取ることで片頭痛の痛みを緩和させる成分です。処方箋医薬品であるため市販薬はなりません。市販するとなると薬価が高く1錠1000円ほどになってしまいます。個人輸入代行での通販での購入が可能となっています。

処方薬⇒イミグラン・マクサルト・アマージ

鎮痛成分まとめ

このように様々な鎮痛成分がありますが、成分が同様でも薬によって胃を保護する成分が配合されています。またそれぞれ特化した部分があるため、自分の症状に合った薬を選ぶことで痛みを効率的に取り除くことができます。

鎮痛剤セレコックスの通販