あがり症とは

あがり症

あがり症とは人の前での極度の緊張や不安によって赤面したり、多汗になったり、動悸が激しくなる症状です。対人恐怖症の別名とも言われていますが、対人恐怖症のように全体的に対人関係を避けるわけではなく、比較的軽度のものをあがり症と呼ぶことが多いです。

あがり症が起きるのはノルアドレナリンという神経伝達物質が過剰に分泌され交感神経が刺激されることが原因です。アドレナリンというと聞きなれた言葉ですが、ノルアドレナリンとは聞きなれない言葉だと思います。どちらとも交感神経系をつかさどる伝達物質ですが、アドレナリンは体内に、ノルアドレナリンは脳や神経に作用します。ノルアドレナリンは緊張や興奮によって分泌が増え、心拍数を上昇させたり、血圧を高めます。それによって動悸や、発汗、震えなどの症状を引き起こします。

あがり症と

基本的に動物は本能的にその場から逃げだす、という行動をとりますが人間の場合は状況などを考えた上で理性で抑え込もうとします。逃げだしたいのに逃げだせない状況であるといえます。そのためさらに緊張や不安を高めてしまいいてもたってもいられなくなってしまうのです。

大勢の人の前での発表、初対面の人や偉い人とのコミュニュケーションなどだれでも緊張する状況は多々ありますが、人によって度合が違います。緊張によって身体的症状が現れる人の場合、交感神経が過敏である場合が多いです。本来は緊張になれるのが一番の克服なのですが、過去のトラウマや失敗などから同じ状況を拒むようになります。また改善したいという気持ちが強くなればなるほど、緊張や不安などに拍車がかかりがちでさらにあがり症を悪化させてしまいます。

あがり症と

しかしながら生活している上で、緊張や不安を避けられない場面は誰にでもあります。そこでそういった場面で緊張や不安を回避させることができるインデラルという薬があります。心拍を抑え心臓を休ませる効果があるので、緊張による動悸を抑え、血圧の上昇による発汗や赤面などの症状を抑えます。また震えやそわそわ感を抑える効果もあるので、体や精神をリラックスした状態にすることができます。薬を服用して何回を同じ経験を積むことができれば、緊張や不安も減らしていくことができあがり症を克服するきっかけとなるでしょう。

鎮痛剤セレコックスの通販