片頭痛の原因

片頭痛の原因

片頭痛の原因は医学的に解明されていませんが、仮説として有力なのが「三叉神経血管説」とされています。何らかの原因によって太い血管が拡張されることで頭の中で一番大きい神経である三叉神経が圧迫されます。それによって神経ペプチドという痛みを引き起こす物質を放出することで血管の周りに炎症がおこります。さらに、三叉神経が刺激されることで痛みとなって大脳に伝達されます。それが頭痛の痛みとなります。その三叉神経から大脳への伝達への途中で視覚、嗅覚、聴覚などを司る中枢にも刺激が加わることで光や音、匂いに過敏になったり、吐き気を催すとされています。

血管が拡張するのはセロトニンの不足が原因の一つとされています。セロトニンには血管収縮作用があり、過剰な分泌によって収縮された脳の血管が、セロトニンが代謝され一気に減少すると反動で血管が広がることによって血管壁に炎症がおこり片頭痛が起きてしまいます。

片頭痛の原因

これらが原因となる場合は薬で痛みを軽減することができます。片頭痛治療薬のトリプタン製薬(マクサルトなど)は三叉神経に作用し痛みを引き起こす神経ペプチドの放出を抑えます。またセロトニン受容体に働きかけ、拡張した血管を収縮させるので片頭痛を和らげることができます。しかし片頭痛を引き起こす要因は様々なので日々の生活を改善する必要がある場合もあります。

精神的な要因

過度なストレス、睡眠不足や過眠症などの睡眠異常、疲労などによって片頭痛は起こりやすくなります。不規則で、精神が不安定な状態が片頭痛を悪化させるとも言えます。

環境的な要因

天気や気圧、気温などの変化によって片頭痛が起きる人がいます。また光や音、匂いなどでも引き起こされます。外の環境は自分で変えられませんが、光や音、匂い、温度などは自分の工夫次第で変えることができます。

食事や嗜好品

食事や嗜好品

アルコールやカフェイン、煙草などの嗜好品やチーズ、ナッツ、柑橘類などの摂取によって片頭痛を引き起こす場合があります。ただし人によって原因となる場合とそうでない場合があるため、これらを摂取してはいけないというわけではなく自分で原因になっているかもしれないと思うものがあれば中止する程度で良いでしょう。また空腹は片頭痛を引き起こす原因となるので、規則正しく食事を取るようにしてください。

ホルモンバランスの変化

女性の場合、生理前になると女性ホルモンの分泌が少なくなるため片頭痛が起こるとされています。痛みが強く出ることが多く、持続時間も長いため、薬が効きにくいことがあります。経口避妊薬(ピル)の服用でも同様のことがおこります。

アレルギー

アレルギー性鼻炎や、気管支炎などの症状に関連して片頭痛が起こる場合があります。

鎮痛剤セレコックスの通販